【マイクラ】天気、時間を変更するコマンドを紹介

天気や時間を変更したい場合ってありませんか?

そんな時、マイクラでは天気や時間を変更することができるコマンドが存在するのでそれを利用しましょう!

コマンドの打ち方

コマンドを打つ方法は簡単で、マイクラの画面上で/を入力します。

すると、左下にコマンド入力するスペースが表示されるのでそこにコマンドを打ち込みます。

天気を変更するコマンド

天気を変更するコマンド
/weather [天候(clear,rain,thunder)]

天候の部分はそれぞれclear=晴れ、rain=雨、thunder=豪雨を表わしています。

/weatherコマンドで天候を変更することができ、[天候]の部分にclear か rain か thunderを入力することによって、天候を指定できます。

例えば、天候を晴れにしたい場合は、

/weather clear

と入力すると、天候を晴れにすることができます。

天気の持続時間を指定する方法

また、/weatherコマンドでは、天候の持続時間も指定することができます。

例えば、

/weather clear 120

と入力すると、

天候が晴れの状態が120秒間持続します。

/weather [天候]の後に入力する数字は秒数を入力する必要があるので注意が必要ですね。

時間を変更するコマンド

時間を変更するコマンド
/time set [数値 | day | night]

day = 昼、night = 夜を表わしています。

/timeコマンドで時間を変更することができます。

例えば、

/time set day

と入力すれば、昼になりますし、

/time set night

と入力すれば、夜になります。

また、昼や夜という指定ではなく、数値で指定することもできます。

数値は0以上を入力する必要があります。
0 を入力すると6:00am
12,000 を入力すると6:00pm
18,000 を入力すると12:00am

といった具合に時間を指定することができます。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です