【DBD】新サバイバー「アシュレイ・J・ウィリアムズ」のパーク能力は?

新サバイバーが追加されましたね!

今回は映画「死霊のはらわた リターンズ」とのコラボキャラの模様

ウサ子

アシュレイ・J・ウィリアムズの背景

アシュレイ・J・ウィリアムズの背景を以下に引用します。

週末を友人と一緒に山小屋で過ごしていたアシュレイ・J・ウィリアムズは、ネクロノミコン・エクス・モーティス(使者の書)を発見し、森に潜む闇の者を呼び覚ましてしまう。

アッシュは悪霊に取り憑かれてしまった友人を殺さなくてはならなかったばかりか、呪われてしまった自分の右手も切り落とす羽目になった。

それから30年もの間過去から目を背いていたアッシュは、量販店のバリュー・ストップで働き、場末のバーで女性を口説き落とすという日々を送っていた。

ある夜、ハイになったアッシュは、女性の気を引こうとして使者の書の一説を読み上げてしまう。

再びアッシュを見つけた悪霊は、アッシュの周囲の人間も巻き込んで大混乱を引き起こし始める。

だが、祈祷師に育てられた同僚のパブロと、デッダイトのせいで孤児となったケリーは、アッシュに協力して悪霊と戦う。悪霊たちとの戦いの中で、長年音信不通だった娘ブランディと再開したアッシュ。

ブランディに背中を押されたアッシュは、人類の救世主という自分の使命を受け入れる。

完全に姿を表した悪魔との壮絶な戦いの後、アッシュは最後の息を引き取り、シュメール騎士団の手で未来へと送られた。

アッシュはうつ伏せの状態でエンティティの世界に落ちてきた。

口に入った野生の草をペッと吐き出す。アッシュは起き上がり、いつの間にか着ていた乾いた服を手で払う。

あたりを見回すと、アッシュの顔から笑みが消えた。この世界では2つのことが明らかになったからだ。

まずは見渡す限りバーが1つもない。そして2つ目は、ショットガンとチェーンソーが必要になりそうだったが、そのどちらも手元になかった。

前方にある点滅する光に向けてアッシュが歩きだすと、木々を揺らすように叫び声が聞こえてきた。  

イカすぜ。

アシュレイ・J・ウィリアムズのパーク紹介

固有パーク1:フリップ・フロップ

パークアイコン パークの効果
瀕死状態での回復進行度の50%が、殺人鬼に担がれた時にもがき進行度に変換される。

最大変換量はもがきゲージ全体の40/45/50%分。

フリップ・フロップはアッシュ・J・ウィリアムズ Lv30で解放されます。

固有パーク2:ベルトを締めろ!

パークアイコン パークの効果
ベルトを締めろ! 潜在的なオーラ可視能力を解放する。最大48メートルの距離で、瀕死の生存者の回復進行度がそのオーラの強さで判別出来る。
あなたが瀕死状態の生存者を負傷状態にまで回復させると、回復したその生存者とあなたの双方に4/5/6秒間、殺人鬼のオーラが見える

ベルトを締めろ!はアッシュ・J・ウィリアムズ Lv35で解放されます。
近くで瀕死状態の生存者の治療進行度がオーラで判別できるようになります!
また瀕死状態から負傷状態まで回復すれば、キラーのオーラも見えるという優れもの。

オーラの色は赤->ピンク->白と変化し、赤が一番回復できていない状態です。

固有パーク3:英雄の奮起

パークアイコン パークの効果
英雄の奮起 殺人鬼の通常攻撃を3回受けるとパークが発動する。パーク発動中、次に負傷状態から瀕死状態になることがあってもそれは無効になる。

次に完全に回復した際、殺人鬼から12/14/16メートル以上離れている場合は殺人鬼にあなたのオーラが見える。

パーク(殺人鬼へのオーラ可視化)はあなたが次に瀕死状態になったときに無効になる。オブセッション状態になる確率が上昇する。

英雄の奮起はアッシュ・J・ウィリアムズ Lv40で解放されます。
このパーク。まだ使用したことがないので、使用感はわかりませんが、めちゃくちゃ強そう(小並感)

通常攻撃3回が発動条件なので、一撃持ちのキラーには効果を発揮できませんが、それ以外には有効でしょう。

ただでさえキラー人口が少ないと言われるDBDでこういったパークが追加されると更にキラー人口が減りそう…。

死霊のはらわた リターンズってどんな作品?

死霊のはらわたというアメリカ発のホラーコメディドラマです。

このドラマは三部作となっていて、死霊のはらわた リターンズはその三部作の続編として登場しました。


もちろん、主人公はアシュレイ・J・ウィリアムズで、死者の書の呪文を読み、悪霊を解き放つという役割を持っています。

このドラマ自体はホラーコメディドラマという位置付けですが、内容はグロいシーンもあるので、このコラボを機に見てみたいと思う方は気を付けたほうがいいと思います。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です