第五人格の優鬼(やさおに)とはどんな意味なの?やり方と見分け方

第五人格で遊んでいると「優鬼(やさおに)」という言葉を聞くことがありませんか?
やさおに=優鬼、つまり、優しい鬼という意味です。

定義ははっきりとは決まっていませんが、大まかには、言葉通りハンター(鬼)がサバイバーに対して優しくすることを指します。

このページには、優鬼(やさおに)とはどんな種類があるのかなどを考えてみようと思います!

優鬼(やさおに)の見分け方

次は優鬼の見分け方です。
始めたての方は余裕がなく、ハンターが優鬼しようとしても気付かないことも意外と多いのですが、少し落ち着いて観察してみると…
もしかしたらそのハンター、優鬼かもしれません!

「あれ?チェイスが始まると思ったのに全く攻撃してこないぞ!?それに、他のサバイバーも追いかけられている様子がない…」
なんてことはありませんか?

優鬼の4つのパターン
  1. 誰のことも攻撃しない(全員に優鬼するパターン)
  2. ハンターが後ろをついてくるが攻撃はせず、ハンターの方を見るとくるくる回ったり、モーションやスタンプで意思疎通をはかろうとしてくる
  3. ハンターが暗号機を殴る、板を殴る
  4. サバイバーをダウンさせて風船にするが、ロケットチェアに座らせずに暗号機・ゲート・ハッチまで連れて行く

①は全員に優鬼するパターンですね。

③はハンターが怒ったり、空振りしているのではなく、この暗号機を解読していいよ!板を倒して私のことを気絶させてポイントを稼いでいいよ!といった意味で殴っていることがほとんどだと思います。

④をハンターがする理由はハンターの方が足が速く、暗号機やゲートの位置が見えているため、効率がいいためですね。

だいたいはこの4パターンで察することができると思います。

途中までは普通に戦い、最後の1人には優しくする…なんてこともありますが、これは慣れてくれば②〜④で気付くことができるはずです。

※稀ではありますが、優鬼のフリをして最後に全滅させてきたり、最後の1人に対して優しくすると見せかけて遊ぶだけ遊んで吊るすなどの行為を行うハンターもいます。

優鬼(やさおに)のやり方

先ほどの話の通り、先ほどの4つのパターンをやれば、優鬼をすることができます。

優鬼の4つのパターン
  1. 誰のことも攻撃しない(全員に優鬼するパターン)
  2. ハンターが後ろをついてくるが攻撃はせず、ハンターの方を見るとくるくる回ったり、モーションやスタンプで意思疎通をはかろうとしてくる
  3. ハンターが暗号機を殴る、板を殴る
  4. サバイバーをダウンさせて風船にするが、ロケットチェアに座らせずに暗号機・ゲート・ハッチまで連れて行く

優鬼をする理由

優鬼をする理由

動機は様々だと思いますが、私が優鬼をする時の理由を上げると

気分
ガチガチに戦いたくない時、サバイバーと仲良くしたい時など。
衣装や携帯品をお披露目したい
新しく手に入れたレア衣装や携帯品を身につけてサバイバーとワイワイしたい時です。
携帯品は、衣装がキラキラするものもあれば、サバイバーを風船状態にする時のモーションが変化するものもありますよね。
後者は今のところ芸者の抱きしめる・リッパーのお姫様抱っこです。
(これを披露するためにはサバイバーをダウンさせなければなりませんが、ロケットチェアに座らせないようであれば優鬼の可能性が高いでしょう。)
対戦前チャットに影響されて
対戦前のチャットで「優しくしてほしいな」「このハンターに会いたいな」「仲良くしてほしいな」「この推理目標を手伝ってほしいんです!」
など、ハンターに友好的に語りかけてきたサバイバーがいる場合、優鬼をすることがあります。
ただし!
ハンター側も自分の背景推理を進めていたり、1日3回勝利のデイリー中だったり、そもそも優鬼がそんなに好きではないという方ももちろんいます。
「優しくしてってチャット送ったし、きっと優鬼してくれる!」とすぐに駆け寄っていかずに、まずは様子を見てみるのが安全です。
好きなキャラがいる場合
いわゆる推しキャラがパーティにいる時、仲良くしたいなぁという気持ちが強くなって優鬼することがあります。
全員とワイワイすることもあれば、普通に試合をして偶然最後まで推しキャラが生き残っていたらそのキャラは逃す など。
回線落ちしたサバイバーがいる試合
フェアではないので優鬼することがあります。
3人が荘園に飛んでいってしまい、頑張っていたサバイバーが1人取り残された時
一緒にハッチを探したり、まだハッチが出ていなければ暗号機まで連れて行ったりします。

優鬼をするハンターの心理の一例ではありますが、こんな感じでしょうか。
するもしないもその時々、その人のプレイスタイルや状況によって変わってきます。
そんな中でたまたま優鬼と出会ったら、思い切り遊んでみるのもいいかもしれませんね!

優鬼(やさおに)をするメリット

戦績、ポイント面では全くメリットがないです。
サバイバーをロケットチェアに座らせ、荘園に送り返すのがハンターの本来の役目ですもんね。
ただ、優鬼だと気付いてもらえれば色々なサバイバーとワイワイできるので気分転換になりますし、推しキャラとの交流をはかることもできて楽しいです。

優鬼(やさおに)をするデメリット

戦績、ポイントがマイナスに影響します。
また、気付いてもらえなかった場合、とても虚しいですね。
基本的にはサバイバーと仲良くできる以外のメリットは無いに等しいかと思います。

サバイバー視点だと優鬼ってどうなの?

私は優鬼肯定派なので、優鬼に出会ったら一緒にワイワイしますし、たまにですが自分が優鬼をすることもあります。

普段は敵対している相手と交流ができるのは何だか新鮮で楽しいんですよね。
ただ、場合によっては試合が味気ないと感じることもあります。

逃げる気満々の時に出会ったり、ワイワイしすぎて脱出するタイミングが分からず試合がズルズル長引いたり…笑
一戦だけなら楽しかったと思うけど、続けて優鬼に出会ったら味気ない。次の試合はガチガチに逃げ回りたいな!と思うことも。

基本的にランク戦では勝率や昇格をかけて本気で戦うハンターが多いですから優鬼はとても少なく、ランダムで見かけることが1番多いのではないかと思います。
また、サバイバー側にも優鬼は好きじゃないというユーザーは居ます。

チャットやメッセージで暴言を吐いたりせず、この試合はそういうものだったんだと肯定派も否定派もお互い割り切って次の試合に臨めるといいですね!

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です