ワンピース940話 ネタバレ感想。トの康とおトコ親子だった!トの康は丑三つ小僧か傳ジローか?

まずは、前回のあらすじを見ていきましょう

ウサ子

ワンピース939話のネタバレ感想はこちら

ワンピース前回のあらすじ!
  1. 光月日和の過去
  2. 赤鞘九人男(あかざやくにんおとこ)はどこに?
  3. 地獄相撲の続き
  4. ヒョウじいが覇気を披露

ここからワンピース940話のあらすじを書いていきます。

小紫にホレ込んで破産してしまった人物

逆さ三日月のマークが反逆の証であることがカイドウたちにバレましたが、このことについて先に捕らえられたベポたちが情報を漏らしたのではないかとしのぶに嫌疑をかけられていました。

この事に怒ったローは出ていったしまいます。

その後、えびす町では怒鳴り声が聞こえます。

元”都”の人間が偉ぶっていました。

偉ぶっていたのは「凡ゴウ」、「びん豪」、「ブン業」という3人組で、花の都から追放された人物です。

花の都は金を生み出す者しか住めない。この3人は金を生み出すことができず、追放されてしまいました。

花の都でこの3人は、悪いことをして金を生み出していたらしく、ブン業は町に火をつける役。

その火事で、家を建て直しに使う木材を売る材木屋である「凡ゴウ」。

火事で死んだ者の遺族に付け込み、高値をつきつける僧侶兼桶屋の「びん豪」。

この3人はいずれも小紫にホレ込んで破産してしまった人物でした。

世話好きのトノ康はこの3人にも住む家を宛がっていました。

トノ康はいったい何者なのか?

ロビン、しのぶ、カン十郎、サンジとトノ康は部屋の中で話していました。

トノ康は、あたしらも決戦のときには必ず戦うと言って部屋を出ていきます。

トノ康はしのぶ、カン十郎たちの事を”ちゃん”つけ、”君”つけで呼んでいました。

どういった関係なのか尋ねるも、しのぶもカン十郎もトノ康のことを知りませんでした。

部屋の外でえびす町のおばあちゃんと話していたナミとウソップは、トノ康はおトコの父親であることを知ります。

トノ康はおトコから送られてくる稼ぎのほとんどを町の人たちに配って回っていました。

トノ康はみんなから愛されている仏と呼ばれていました。

ルフィは新しい覇気を覚えられるか?

兎丼の囚人採掘場では、まだ相撲地獄が続いています。

ワノ国では覇気のことを流桜(りゅうおう)と呼んでいました。

ルフィはヒョウじいから流桜を習得しようとしますが、流桜を習得できないまま、夜になってしまいました。
相撲地獄の続きは明日行うことになります。

数人の見張りを残し、皆寝てしまいました。ルフィは覇王色の覇気で、見張りを気絶させると、そこにカリブーと雷ぞうが
二人に前に姿を現します。

雷ぞうはヒョウじいに20年の時を超えてワノ国からやってきたということを伝えます。

ヒョウじいは赤鞘九人男や光月モモの助が生きていることを知ると、作戦を思いつきます。

その作戦はこの採掘場の囚人を味方につけること。

兎丼の囚人採掘場には4つの採掘場があり、囚人といってもその罪状は「オロチへの反逆」でした。

もちろん、河松も味方に加えます。

ビッグマムが採掘場に近づく

ビッグマムは兎丼の荒野まで来ていました。ビッグマムはおしるこを求めています。

ワンピース940話 感想

トノ康はおトコの父親であることが判明しましたね。
トノ康は一体何者なんですかね。

丑三つ小僧か傳ジローか、いずれにしても、重要な立ち位置のキャラであることは間違いなさそうです。

次週、ビッグマムも加わって遂に採掘場から逃げることができそうですね。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です