約束のネバーランド ネタバレ・感想

約束のネバーランド 132話 ネタバレ・感想。女王レグラヴァリマ軍とノーマン

まずは、前回のあらすじを見ていきましょう

ウサ子

約束のネバーランド 131話 ネタバレ・感想はこちら

約束のネバーランド前回のあらすじ!
  1. エマとレイは七つの壁の入り口へ。扉を開く
  2. 五摂家と鬼の王が登場

ここから、132話の簡単なあらすじを書いていきます。

女王レグラヴァリマと五摂家の会談

五摂家の前に現れた女王レグラヴァリマは盗難について五摂家と会談を行います。

盗難とは農園が破壊され、人肉が盗まれていることを指しています。

特に、ノウム卿とバイヨン卿の領地の被害が大きいです。

イヴェルク公はゆゆしき事態として、盗難手口の完璧さをあげています。

理由としては、内部・警備を知り尽くしたかのような手落ちの無さと知能の高い農園をより好んで襲っている点があります。

知能の高い農園の人肉を食べているとしたら、五摂家と仇なす一大勢力だとして、女王は盗難を行った勢力を片付けようと兵を挙げました。

ノーマンの作戦。まずは兵力の分断

ノーマンの作戦。まずは兵力の分断

ノーマンたちは女王の動きを監視していました。

ノーマンは女王が兵を挙げたことは計画通りだとしています。

最初の作戦は兵力を分断することにありました。

ノーマンたちが農園を襲えば、人肉が少なくなり民の不満が高まるため盗難の賊徒討伐のために動かざるを得ない。

兵が賊徒討伐に出れば、兵力を分断することができます。女王軍には賊のアジトの偽情報をあたえ、誘導していました。

そして、儀祭がじき始まります。

儀祭は王家・五摂家が王都に会する祭事です。ですが、賊のために兵力を分断された王都は手薄な警備となるでしょう。

儀祭は8日後なので、この日に王と貴族たちを殺すという流れとなります。

ノーマンには、邪血の少女の問題をどうするかについても既に考えがあるようです。

そして、ノーマンはドンとギルダを呼びます。

七つの壁に向かったエマとレイ

エマとレイは入り口の扉の先にあったものに驚きます。

入り口の扉の先にあったものは、GFハウスでした。

約束のネバーランド 132話 感想

儀祭って後8日で行われるんですね。
鬼たちもバカではありませんので、ノーマンの作戦通りに事が進むとは思いませんが、どうなるかは見物ですね。
あと、8日でエマとレイは七つの壁から帰ってこれるのでしょうか?

また、七つの壁の入り口の先にあったのは、GFでした。

これは何を意味するのか?よくある精神世界とかですかね?

自分の記憶の中で一番良かった時代が投影されるみたいな?

これに関しても来週判明することでしょう。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です