約束のネバーランド ネタバレ・感想

約束のネバーランド 鬼の正体とは?【最新 ネタバレ】

ついに約束のネバーランド120話で鬼の正体についてノーマンが語りましたね。

このページは基本ネタバレになっていますので、気を付けてください。

鬼の正体とは?

元々の鬼の最初の姿は細菌に似た何かでした。

鬼の最初の姿は細菌に似た何か
(約束のネバーランド120話より)

この細菌が突然変異、遺伝子の水平伝播によって、進化したものが鬼です。

遺伝子の水平伝播とは、他の生物の遺伝子を取り込むことです。
鬼は他の生物を食べることで、その生物の遺伝子を取り込み、進化するという性質をもった生物です。

そのような性質をもっているため、鬼は様々な生物の遺伝子を取り込み、独自の進化を遂げていきました。

鬼はなぜ人を食べるのか?

鬼はある日、人間を食べてしまいます。
そして、鬼は人間と似たような姿、形、知能を持つようになりました。
このような姿、形、知能を鬼はよっぽど気に入ったのか、鬼にとって、人間は最大の好物になります。

これは鬼にとって、驚異的な進化となります。そしてこの進化にはデメリットもありました。

鬼は不安定な存在で人間を食べ続けなければ、形質を保つことができないのでした。

鬼も必死だったんですね。だから、人間の農園をつくって、定期的に人間を食べることができるような体制を整えました。

鬼の正体と高級肉との関係

鬼は脳を好みます。さらに頭が良い人の脳が大好物です。

こういった事から鬼は高い知能の遺伝子を取り込み、自分自身をより高い知能にしたいのだと思われます。

そのため、高級農園で育った子供たちの肉は鬼の中でも上級貴族に属するものしか食べることができません。

上級貴族に属する鬼は高い知能を取り込んでいますので、上級階級にいけばいくほど、高い知能や高い戦闘能力を持っています。

鬼の例外?邪血の少女のソンジュ、ムジカの存在

この鬼の正体を知ってしまうと矛盾する存在が出てきます。

それはソンジュとムジカです。

ソンジュとムジカは鬼でありながら、人間を食べません。

それに、鳥や魚を食べても、その性質に変化をしませんでした。

鬼でありながら、ずっと人間のような姿を保つことができているのです。

約束のネバーランド 126話でノーマンがいっていた邪血の少女の一族という言葉があります。

邪血の少女の一族というのは、人間を食べなくても人間の性質を保つことができるのです。

ソンジュとムジカのこの謎は未だにストーリー上では明らかにされていませんが、もしかしたら、鬼は2種類存在していて、人間を食べなくても人間の性質を保持できるような鬼がいるのかもしれません。

ソンジュとムジカのこの謎が今後ストーリー展開に大きく作用してくることが考えられます。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です