約束のネバーランド ネタバレ・感想

約束のネバーランド 121話 ネタバレ・感想。エマたちの今後はどうなるのか?

約束のネバーランドの121話では、ノーマンによって鬼を倒す方法を見つけ、喜び合う子供たちの姿が描かれます。

基本的にネタバレになっていますので、単行本派の人たちは気をつけてくださいね。

約束のネバーランド 121話「よかったね」のまとめ

それでは、約束のネバーランドの121話を簡単にまとめていきます。

子供たちの楽園を築くという目標

約束のネバーランド 120話のノーマンの「鬼をすべて倒し、子供たちの楽園を築く」という話を聞き、子供たちは喜び合います。

これまでの行動の選択肢にあった

  1. 人間の世界に逃れる
  2. 七つの壁を目指す

ということは、今のところはなくなりました。

ボスとしてのノーマン

ノーマンは部屋に普段は籠っていることが多いそうで、部屋の外にいるノーマンに他の仲間たちは驚きます。
ノーマンはボスとして他の仲間にすごく慕われており、かつてのノーマンとは大きく違うように見えました。

ボスとしてのノーマン
(約束のネバーランド121話より)

そこで、どのようにノーマンを呼ぶべきか困ってしまいます。

ですが、ノーマンは言います。

大勢の前ではボスの方がいい時もある。
ハヤトたちにとっては、ウィリアム・ミネルヴァであるが、
僕はノーマンである

そこには昔と変わらないノーマンがいました。

どんなに偉くなっても、こういったことを言えるところがノーマンのいいところですね!

約束のネバーランド 122話 ネタバレへ。

約束のネバーランド 121話「よかったね」の感想

本当に7つの扉を目指すことはやめるんですかね。
ノーマンは鬼をすべて倒し、子供たちの楽園を築くと言っていましたが、
最終的には、7つの扉を目指すんではないかとミニエルは予想しています。

話の最後にノーマン、エマ、レイをチェスをして、3人仲良く寝ていましたが、
やはり、ノーマン、エマ、レイの3人が集まるといいですね。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です