約束のネバーランド ネタバレ・感想

約束のネバーランド 120話「形のない怪物」ネタバレ・感想

約束のネバーランドの120話では、ノーマンによって鬼とは何なのかという事について語られます。

基本的にネタバレになっていますので、単行本派の人たちは気をつけてくださいね。

約束のネバーランド 120話「形のない怪物」のまとめ

それでは、約束のネバーランドの120話を簡単にまとめていきます。

鬼とは何か?鬼が人間を食べる理由は?

鬼の最初の姿は細菌に似た何かだったそうです。

鬼の最初の姿は細菌に似た何か

この細菌が突然変異、遺伝子の水平伝播によって、進化したものが鬼であると言われています。

遺伝子の水平伝播とは、他の生物の遺伝子を取り込むことです。
そう、鬼は他の生物を食べることで、その生物の遺伝子を取り込み、進化するのです。
ハンターハンターのキメラアントみたいなもんでしょうか?

そして、鬼は人間を食べます。そうして、人間と似たような姿、形、知能を持つようになりました。
驚異的な進化です。
鬼にとって、人間は最大の好物になります。

ただし、この進化には代償がありました。
鬼は、人間を食べ続けなければ、形質を保つことができないのです。

だから、農園をつくり、食用児を養殖していたのでした。

ノーマンの狙いは全農園を潰し、子供たちの楽園を築くこと

ノーマンの狙いは農園を潰すこと

鬼は良くも悪くも遺伝情報が書き換わる不安定な生物であり、鬼は農園を潰せばいずれ鬼は滅ぶといいます。

下級の鬼達の形質を保持する能力は弱まっており、農園を潰すと、鬼は野良鬼になるそうです。

ノーマンはすべての農園を潰すことを目的としていました。

農園を潰した先で全食用児のための楽園を築くためです。

農園を潰す時の切り札がザジ達。試験農園ラムダ7214とザジ達の関係

ザジは試験農園ラムダ7214の出身だそうです。
試験農園ラムダ7214は鬼の5つの貴族とラートリー家が手を組んで作られた施設で、多種多様な高級肉、質の良い量産肉をつくるための実験場でした。

ラムダ7214では投薬と実験で独自に進化した人間が発生することになりました。

こうしてできたのが、ザジやアダム達でした。

ザジの力やハヤトの足の速さ、アダムの怪力等はこういった事情があったのです。

こうした力を利用すれば鬼にも勝てるとノーマンは言います。

約束のネバーランド 121話 ネタバレ

約束のネバーランド 120話「形のない怪物」の感想

鬼についての真実が語られましたね。
ノーマンの狙いについても理解できます。ノーマンの語る理想を聞いていると、ノーマンはエマの想いをくみ取ったような行動をとりますね。
未だにエマのことが好きなんでしょう。

ただ、ノーマンがいう未来を語ったときのエマの表情が暗いですね。
もしかしてノーマンが語る未来はエマにとってあまり納得がいく未来ではないのかもしれません。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です