約束のネバーランド ネタバレ・感想

約束のネバーランド アニメ3話「181045」感想・ネタバレ

約束のネバーランド アニメ3話見ました!
ということで、前回からの疑問だった発信機の場所はどこだったのでしょうか。

あと、クローネはどんな人なのか?
それでは、見ていきましょう。

約束のネバーランド アニメ3話 まとめ

新しい家族「キャロル」、ママのサポート役「クローネ」から農園の外がどのような世界なのか。を考えるエマ、ノーマン、レイ。

また、自分の体の「どこに」「どんな」発信機があるかも考えていきます。

そこで考え出されたのが、「キャロルの体を調べること」です。

先日農園にきたばかりなので、発信機の手術痕が残っているかもしれません。

話は変わり、イザベラとクローネの会話。

イザベラとクローネの会話

イザベラはすでにコニー出荷の日に誰が門にいたのかは見当がついてると言います。
それは「年長者の二人」であると。

クローネ「規則通り、出荷の準備をしましょう。」

イザベラはその話を却下し、その二人についても予定通りの出荷しかしないと言います。

イザベラはクローネに対し、彼らの監視を指示します。

クローネは農園の”ママ”になるために、喜んで監視役を引き受けます。

クローネはコニー出荷の日に誰が門にいたのかを探し当て、それを上に報告し、イザベラを”ママ”から引きずり降ろそうと画策しようとするのでした。

「キャロルの体を調べること」で発信機を探すエマ。

エマはキャロルの体を調べ、発信機が耳の裏に仕掛けられていることに気づきます。

エマは耳の裏に発信機が仕掛けられていることをノーマンとレイに話します。

次に考えるべきは「発信機の壊し方」です。この件はレイが調べることになります。

また、子供全員で逃げる際の訓練としてエマが「鬼ごっこ」を提案します。

エマが「鬼ごっこ」を提案

鬼ごっこと称して、逃げる際の訓練をする子供たち。

何日か過ぎ、特にイザベラが何もしてこないことから、子供たちの中に内通者がいるのではないかと勘繰るノーマン達。

いったい誰が内通者なのか?

約束のネバーランド アニメ3話 感想

いったい内通者は誰なのでしょうか?

漫画を読んだことがあるので、私は誰が内通者かは知っているんですけどね。

漫画で見ていたときは、あまり気にならなかったのですが、クローネが持っていた人形は自分の子供に見立てているのでしょうか。

昔、鬼に殺された自分の子供なのか?肌の色が一緒なので、もしかしたらそのような過去があるのかもしれません。

クローネにエマ、ノーマン、レイの弱点をいわれていましたが、その弱点は互いに補えるようなものばかりなので、上手く弱点を補いあって、無事脱出してもらいたいです。

最後に、クローネの破壊力について。

子供たちと鬼ごっこをするクローネですが、

子供たちと鬼ごっこをするクローネ

木を破壊します。こいつ「鬼」じゃね?

イザベラがいっていた「73584」という数字とは?

イザベラがいっていた「73584」という数字

これは、イザベラが鬼への定時連絡の際に言っていた数字です。

これはイザベラの認識番号です。イザベラも元は農園の子供でした。

イザベラも首筋に数字が刻まれています。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です