約束のネバーランド ネタバレ・感想

約束のネバーランド アニメ1話「121045」感想・ネタバレ

ついに見てしまいました。約束のネバーランドのアニメ!

ジャンプに連載した当初から好きだったのですが、まさかアニメ化するとは!

ミニエル

という事で第1話の感想です。

約束のネバーランド アニメ1話 まとめ

グレイス=フィールド(GF)ハウスという孤児院があり、そこで、エマ、ノーマン、レイを含む38人とママが暮らしていました。

孤児院ではテストが行われており、その中でも優秀なのが、エマ、ノーマン、レイでした。

断トツの頭脳を持つ天才「ノーマン」、その天才と唯一渡り合える「レイ」、抜群の運動神経と学習能力で二人を追いかける「エマ」と称されていました。

ドン

テストで満点を取ったノーマンにドンが対抗心をいだき、鬼ごっこで勝負することになります。
ノーマンが鬼になり、他の子供は逃げることに。

勝負の結果、ドンはノーマンに敗れます。
ノーマンはドンに
「ドンの弱点は、すぐに決めつけて熱くなるとこ」
といいます。

ノーマンはエマを捕まることにも成功し、
エマの弱点は「優しいところ」だと指摘します。

ノーマンに鬼ごっこで勝てないエマはここで“勝つためには戦略が必要”であると学びます。

ノーマンに勝てないドンは悔しさのあまり、もう一度鬼ごっこでノーマンに勝負を挑みます。

鬼ごっこ中、孤児院を囲む柵の周りに子供たちで集まることになりました。
ママが柵の外は危険だと言うので、子供たちは外の世界に出ることは許されていなかったのです。
この孤児院では12歳になったら里親の元へと送られるため、外の世界に出ることが許されますが、外には何が待っているのでしょうか。

その夜、里親が見つかったコニーが、外に出ることになりました。

コニー

コニーを見送った後、コニーが大切にしていた人形がまだ孤児院にあることをエマとノーマンが見つけてしまいます。
エマとノーマンはこの人形をコニーに渡すために、近づいてはいけないと言われている門に入ることになります。
そして、そこでエマとノーマンはトラックの荷台でコニーの死体を見つけるのでした。

さらにエマとノーマンは鬼という存在を見ます。鬼はどうやらコニーを食肉として出荷している様子でした。

鬼はママ(イザベラ)とも話しており、次の出荷はエマ、ノーマン、レイの3人であることを知ることになります。

ママは鬼と内通していたのです。

エマとノーマンは、鬼やママに見つからないように門から脱出することに成功しますが、二人は知ってしまったのです。

この孤児院が鬼の食糧供給のために存在する食肉農園であるということを。

孤児院に帰ったノーマンは、レイと協力して孤児院を脱出しようとエマに話します。

ですが、エマは他の子たちを見捨てられないとして、子供達全員での孤児院を脱出をノーマンに提案。

二人は子供達全員での孤児院を脱出を決意するのでした。

そのころ、ママは門の中でコニーのぬいぐるみを発見する。

約束のネバーランド アニメ1話 感想

アニメの制作会社はノイタミナが担当しています。
オープニング曲はUVERworldの「Touch off」
エンディング曲はコシュニエの「絶体絶命」
です。

フジテレビでも放送されていますが、Amazon Prime Videoでも放送されています。
EPISODE.01 121045

私は、Amazon Prime Videoで見ています。Amazon Prime Videoも便利になりましたよね。

アニメの感想ですが、アニメの前半はこの世界の良い部分にスポットライトが当たっています。
38人の子供たちの笑顔、ママの優しさ。

それが後半のダークな部分をより際立たせることになります。

「ひぐらしのなく頃に」もこのような緩急をつかった見せ方をしていましたね。

エマたちが生きて、この孤児院を脱出できるかこの後の展開が楽しみです。

1話タイトルの「121045」とは?

まず、この数字は何を表わしているかは考えてみましょう。

これは、子供たちの割り当てている数字ではなく、日付であると思われます。

「121045」とは?

アニメ冒頭部分でカレンダーのアップが表示されていますが、ここに書かれていた日付が2045年10月12日でした。

なので、12(日)10(月)(20)45年のような形で日付を表わしているのでしょう。

ここの世界は、後ろから数字を読むような法則がありそうです。

子供たちの首の数字の法則性は?

この後ろから読みという法則は子供たちの首にある数字にも当てはまるようです。

首の数字を見てみましょう。

名前 数字
エマ 63194
ノーマン 22194
レイ 81194
ドン 16194
ギルダ 65194

この数字をひっくり返します。

名前 数字
エマ 49136
ノーマン 49122
レイ 49118
ドン 49161
ギルダ 49156

おそらく、この数字は孤児院に入れられた順番でつけられていると思われます。

レイ->ノーマン->エマ->ギルダ->ドンの順番で孤児院に入ったのでしょう。

コニーに刺さった花の意味とグプナ

コニーに刺さっていた花はヴィダという吸血植物です。

刺した理由として、この花を遺体に指すことで血抜きをし、肉を長く持たすことになるためです。

エマとノーマンが門で鬼を見つけた時に鬼がグプナという言葉を発したのを覚えていますか?

グプナというのは、鬼が長年続けてきた肉のほふり方で、遺体にヴィダを刺すという行為もその一つです。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です