鋼鉄の反逆者 新カード一覧

無窮の輝石・カーバンクルの評価と元ネタ

無窮の輝石・カーバンクルのステータス・能力

無窮の輝石・カーバンクル[進化前]

無窮の輝石・カーバンクル[進化前]
コスト 4
攻撃力 2 体力 2
進化前の効果
アクセラレート 2; カードを1枚引く。カーバンクルの煌めき1枚をデッキに加える。

ファンファーレ カーバンクルの煌めき4枚をデッキに加える。

無窮の輝石・カーバンクル[進化後]

無窮の輝石・カーバンクル
コスト 4
攻撃力 4 体力 4
進化後の効果
進化時 自分のリーダーを2回復。自分のPPを2回復。

無窮の輝石・カーバンクルの評価

とにかく可愛いフォロワー。微妙といわれているかもしれませんが、私は結構好きなフォロワーです。

アクセラレート、または進化時に“カーバンクルの煌めき”というカードをデッキに加えることができますが、このカードが強力で、1コストで1ドロー、体力1回復、EP1回復することができます。

デッキに加えるという能力のため、“カーバンクルの煌めき”が引けないこともあるが、引けたら強力。やっぱりEP1回復することができるのが、いいですよね。

これがもし“カーバンクルの煌めき”をデッキに加えるではなく、”手札に加える”だったら、ナーフ不可避でした。そういう意味では、バランスがいいカードであると思います。

ダークネス・エボルヴでダークエンジェル・オリヴィエというカードがあって、EPを最大で3回復できることもあって、当時お気に入りのカードでした。

無窮の輝石・カーバンクルも同じようにEPを最大で4回復できるので、能力的にお気に入りのカードになりそうです。

無窮の輝石・カーバンクルの元ネタ

神バハにカーバンクルというキャラがいて、そのイラストと無窮の輝石・カーバンクルが一緒ですね。

そもそも、カーバンクルは何かというと、伝説の生物で、16世紀のスペインの僧侶詩人であるセンテネラの著書「アルゼンチナ」に記述があります。

その中でカーバンクルは、「燃える石炭のごとく輝く鏡を頭にのせた小さな動物」とされています。

カーバンクルはゲームにもよく登場したりしていますよね。私が初めてカーバンクルを知ったのはファイナルファンタジーですかね。

ファイナルファンタジーでは、燃える石炭のごとく輝く鏡を頭にのせてはいませんでしたが、宝石を頭にのせている生物でした。

燃える石炭のごとく輝く鏡を宝石に見立てているのだと思います。

シャドウバースのカーバンクルも頭に宝石を置いているように見えます。「アルゼンチナ」の記述に忠実ですね。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です