ハンターハンターの王子たちの能力一覧【王位継承戦】

ハンターハンターは王位継承戦ですが、王子たちが多すぎて、誰が何の能力を持っているかよくわからないという人がいると思います。

ここでは、王子たちの能力を一覧をしてまとめてみました。

王子たちが持っている能力には、大きく分けて2つあります。

それは「守護霊獣」と「念能力」です。

目次

守護霊獣とは

寄生型の念であり、カキン王家に代々伝わる儀式「壺中卵の儀」によって王子たちに個々に付与された能力です。

念獣みたいなものですね。

守護霊獣はそれぞれの王子たちを宿主として、宿主のオーラを吸収し成長します。
ただし、王子たちはその事に対して自覚することができず、守護霊獣を自分の意のままに操作することもできません。

守護霊獣はそれぞれ固有の能力を持っており、守護霊獣の見た目や能力は、王子たちの素質を受け継ぎます。

寄生型の念とか守護霊獣は王位継承戦から登場した概念ですよね。王位継承戦ではこういった概念が重要になってくるかもしれません。

壺中卵の儀とは

壺中卵の儀

カキンの初代国王が蠱毒に発想を得て具現化したという壺。国王の死後も、子孫繁栄を願う強い念となって消えることなく存在し続けている。子孫がこの壺に血液を注ぎ壺の口に手を入れると、壷の中から現れた念獣によって卵を食べさせられる。卵はその子孫のオーラによって成長し、子孫の人格に強い影響を受けた形態・能力を持った守護霊獣に変貌する。守護霊獣はその名の通り産み出した子孫を守護するが、子孫の意志で動かすことはできない。子孫が念能力者である必要はなく、壺の念獣や卵が見えなくても儀式は行える。儀式は「壺中卵の儀」と呼ばれ、現在のカキン王家でも行われている。

守護霊獣の本能(ルール)

守護霊獣の本能

守護霊獣には2つの本能(ルール)があります。

  • 霊獣同士は殺しあわない
  • 霊獣の憑いた人間を直接攻撃しない

このように王子たちは、壺中卵の儀によって守護霊獣を手に入れましたが、守護霊獣同士で殺し合うことはできませんし、守護霊獣で王子を直接攻撃することもできません。

第1王子 ベンジャミンの能力

ベンジャミンはライオンを素手で倒すこともできる怪力でカキンの軍事最高副顧問でもあります。

王位継承戦の初めから念能力を使うことができる王子の一人でもあります。

第1王子 ベンジャミンの守護霊獣

ベンジャミンの守護霊獣

上の画像がベンジャミンの守護霊獣ですが、いまだに能力は不明です。

第1王子 ベンジャミンの念能力「ベンジャミンバトン」

ベンジャミンの能力の名前は「星を継ぐもの(ベンジャミンバトン)」です。

星を継ぐもの(ベンジャミンバトン)
ベンジャミンに忠誠を誓った念能力者が死ぬと、その者の能力をベンジャミンが継承できる。

ただし、譲渡資格を有するのはカキン国王軍学校を卒業しベンジャミンの私設兵団に属している者に限る

複数の念能力を一人が持つことができるという意味で、クロロの「スキルハンター」やレオルの「レンタルポッド」に似ていますね。

クロロは特質系であったことから、似たような能力であるベンジャミンも特質系であると考えられます。

第2王子 カミーラの能力

第2王子 カミーラの守護霊獣

カミーラの守護霊獣

上の画像がカミーラの守護霊獣になります。

守護霊獣の能力は操作系に属し、強制型の能力を持っており、ある条件を満たした者を意のままに操ることができます。

第2王子 カミーラの念能力

カミーラの能力の名前は「百万回生きた猫(ネコノナマエ)」です。

百万回生きた猫(ネコノナマエ)
迎撃型(カウンタータイプ)の念獣を操ります。
カミーラの死後発動し攻撃して来たものの命をもってカミーラを蘇生することができます

ハンターハンターの最近のトレンドである死後の念ですね。
カミーラが攻撃者によって死ぬと、攻撃者の命を奪い、カミーラを蘇生させることができるという能力です。

ヒソカ vs クロロ戦でのヒソカの死後の念もそうですが、王位継承戦でも死後の念が活躍しそうです。

第3王子 チョウライの能力

第3王子 チョウライの守護霊獣

チョウライの守護霊獣

上の画像がチョウライの守護霊獣です。

チョウライの守護霊獣の能力は
複数の条件により複数の能力が発動することができ、コインの所有者が条件を満たす事で様々な能力が発現することができます。

第3王子 チョウライの念能力

チョウライは念能力を覚えていません。

第4王子 ツェリードニヒの能力

第4王子 ツェリードニヒの守護霊獣

ツェリードニヒの守護霊獣

ツェリードニヒの守護霊獣の能力は、嘘を3回つくと、人ではない何かに変えられて、その人を操作できるというものです。

第4王子 ツェリードニヒの念能力

ツェリードニヒの念能力は、目を閉じて「絶」をしている間、10秒先の未来を予知することができる能力です。

第5王子 ツベッパの能力

第5王子 ツベッパの守護霊獣

ツベッパの守護霊獣

上の画像がツベッパの守護霊獣です。

能力は変化系で発動には共同研究者(パートナー)が必要となる共存型です。

守護霊獣の体内で様々な効果を持つ薬品を生成することができます。

第5王子 ツベッパの念能力

ツベッパは念能力を覚えていません。

第6王子 タイソンの能力

第6王子 タイソンの守護霊獣

タイソンの守護霊獣

上の画像がタイソンの守護霊獣です。

放出系で拡散・徴集型の能力です。

「タイソン教典」を受け取った者に目玉ジャクシが憑き、目玉ジャクシは宿主からオーラを徴集し替わりに幸福を与えます。この幸福度は「タイソン教典」の熟読度によって変化します。ただし、教典唯一の禁忌を破ると厳しい罰が下ります。

第6王子 タイソンの念能力

タイソンは念能力を覚えていません。

第7王子 ルズールスの能力

第7王子 ルズールスの守護霊獣

ルズールスの守護霊獣
上の画像がルズールスの守護霊獣です。

具現化系で半強制型の操作能力を持ちます。
標的の欲望を具現化し罠を張り、標的が罠にはまる(欲望を満たす)事で発動します。

第7王子 ルズールスの念能力

ルズールスは念能力を覚えていません。

第8王子 サレサレの能力

第8王子 サレサレの守護霊獣

サレサレの守護霊獣

上の画像がサレサレの守護霊獣です。

操作系で拡散式の誘導型です。
強制力は弱いですが多くの人間を操ることが出来ます。守護霊獣が断続的に白い煙を吐き出しており、それを吸い込むほど王子への行為が増します。

煙の影響範囲は、半径約7mぐらいで、吸い込んだ煙が定数を超えると、その人の頭上に守護霊獣の分身が発生する。その人物がまた別の誰かと接触し煙を吸うことで王子への好意を伝染させる事ができます。

なんか病原菌のような能力ですね。

第8王子 サレサレの念能力

サレサレは念能力を覚えていません。

第9王子 ハルケンブルグの能力

第9王子 ハルケンブルグの守護霊獣

ハルケンブルグの守護霊獣

上の画像がハルケンブルグの守護霊獣です。

強化系。相互協力型の能力。羽根の刻印を持つ者が王子の元に多く集まる程、個々のポテンシャルを高め合うことが可能。
その集団が互いに意志を統一し能力を発動した時の威力はあらゆる念能力の中でも最大級

第9王子 ハルケンブルグの念能力

詳しい名前は不明ですが、自分の部下を犠牲にして放つ矢で相手を攻撃し、その相手の心を奪う能力です。
放った矢で攻撃された相手は、戦意を失い、ハルケンブルグの仲間になります。

第10王子 カチョウの能力

第10王子 カチョウの守護霊獣

カチョウの守護霊獣の能力は「2人セゾン(キミガイナイ)」です。

2人の内どちらかが死ぬとその者の姿となりもう一方が死ぬまで側で護ります。

初めて守護霊獣の能力に名前がつきましたね。しかも、能力の名前は欅坂46の曲ですね。

第10王子 カチョウの念能力

カチョウは念能力を覚えていません。

第11王子 フウゲツの能力

第11王子 フウゲツの守護霊獣

フウゲツの守護霊獣の能力名は秘密の扉(マジカルワーム)。空間移動能力で往路をフウゲツ、復路をカチョウが操ることができます。

こちらも守護霊獣の能力に名前がついています。

第11王子 フウゲツの念能力

フウゲツは念能力を覚えていません。

第12王子 モモゼの能力

第12王子 モモゼの守護霊獣

モモゼの守護霊獣

モモゼの守護霊獣の能力は、「ヒマ?」と聞いてきて、暇であると答えると、相手の操作することができます。
守護霊獣は、念能力が使えないと見えないので、念能力者が守護霊獣の能力の対象になります。
また、相手が暇であると答えないと能力が発動できないので、少し微妙な能力です。

第12王子 モモゼの念能力

モモゼは念能力を覚えていません。

第13王子 マラヤームの能力

第13王子 マラヤームの守護霊獣

マラヤームの守護霊獣

マラヤームの守護霊獣の能力は、おそらく自分の部屋を外から侵入させないようにするというものです。
他の守護霊獣は、他人を操る系の能力が多いですが、マラヤームについては空間を干渉するような能力です。

第13王子 マラヤームの念能力

マラヤームは念能力を覚えていません。

第14王子 ワブルの能力

第14王子 ワブルの守護霊獣

ワブルの守護霊獣

ワブルの守護霊獣の能力は未だ不明です。

第14王子 ワブルの念能力

ワブルは念能力を覚えていません。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です