鋼鉄の反逆者 新カード一覧

【シャドバ】ぶっ壊れカードランキング【2018年度版 ウィッチ編】

シャドウバースのカードの中でぶっ壊れカードをランキングにして紹介しています。
ここでは、ウィッチのぶっ壊れカードのランキングです。

それでは、第5位からの発表しています。

ウィッチ ぶっ壊れカード 第5位 キマイラ

キマイラ
コスト 9
攻撃力 4 体力 4
進化前の効果
ファンファーレ 相手のフォロワー1体に4ダメージ。
スペルブースト コスト-1

キマイラ
コスト 9
攻撃力 6 体力 6
進化後の効果
なし

当初はそこまで評価されていなかったカードでしたが、後に追加されたカードによっておかしくなったカードです。
特に鳥のおかげでスペルブーストがしやすくなり、0コストでこのカードで出てくることがよくあります。

ファンフォーレ能力やスタッツが高いので、盤面制圧能力が高いことも優秀なカードです。

ウィッチ ぶっ壊れカード 第4位 オズの大魔女

オズの大魔女
コスト 5
攻撃力 4 体力 5
進化前の効果
ファンファーレ カードを自分の手札が5枚になるまで引く。スペルブースト を持たない自分の手札のスペルすべてのコストを1にする。
ラストワード 次の自分のターン開始時、自分の手札のスペルすべてを消滅させる。

オズの大魔女
コスト 5
攻撃力 6 体力 7
進化後の効果
ラストワード 次の自分のターン開始時、自分の手札のスペルすべてを消滅させる。

ファンファーレによって自分の手札を5枚になるまで引くことができ、手札のスペルカードのコストを1にすることができます。
手札のスペルカードのコストを踏み倒すヤベーカードです。

デメリットとして、ラストワードで自分の手札のスペルを全て消滅させられます。
冬の女王の気まぐれでオズの大魔女を変身させ、デメリットを避けることもできました。

スペルブーストを持たない全てのスペルカードをコスト1にすることができるので、高いコストを持つスペルカードと組み合わせると真価を発揮することができます。
特に、オズの大魔女からのアンの大魔法連打は強力です。

エルフ ぶっ壊れカード 第3位 マジックオウル

マジックオウル
コスト 2
攻撃力 2 体力 2
進化前の効果
効果なし

マジックオウル
コスト 2
攻撃力 4 体力 4
進化後の効果
進化時 2回スペルブーストする。

進化をするだけで2回スペルブーストすることができるカードです。
スタッツを標準なので、相手のフォロワーと2対1で交換することも可能です。

以前、スペクトラルウィザードというカードもありましたが、このカードは進化時に+1/+1しかしないので、なぜかマジックオウルのほうが強い。

このカードによって、キマイラ、ギガントキマイラ、次元の超越等、スペルブースト系のカードの価値を底上げしたぶっ壊れカードです。

エルフ ぶっ壊れカード 第2位 次元の魔女 ドロシー

次元の魔女・ドロシー
コスト 9
攻撃力 5 体力 5
進化前の効果
ファンファーレ 手札をすべて消滅させ、カードを5枚引く。5回スペルブーストする。

スペルブースト コスト-1

コスト 9
攻撃力 7 体力 7
進化後の効果
効果なし

ファンファーレ効果によって自分の手札をすべて消滅させ、カードを5枚引き、5回スペルブーストすることができます。
ドロシーと同時に、スペルブーストを持つフォロワーが実装されたため、ドロシーからの大量のフォロワー展開をすることができました。

ファンフォーレの効果上、かなり運ゲーな要素がありますが、ハマるとその時点で勝負が決まることもあります。

実装当初、ドロシーウィッチと対戦しましたが、明らかに他のデッキとは違う次元の強さがありました。

このように実装当初から、次元の違う強さだったので、ユーザーからはナーフしろと言われていましたが、下記の理由により、却下されたようです。

「《次元の魔女・ドロシー》はすごく強すぎる。ナーフしてくれ」みたいな声がたくさんありましたが、先日、日本向けの「シャドウバース 公式タクティクスガイド」という攻略本を作ってもらって、出版社さんにユーザーアンケートを取ってもらった時に人気のカードナンバーワンもやっぱり《次元の魔女・ドロシー》だったんですね。そういうことで、すごく嫌われるカードっていうのは確かにあるんですけど、そういったカードは裏を返せばすごく好きなファンの人も多いカードであったりします。どちらかというとインターネット上ではネガティブなコメントの方が多く出がちなんですけれど、やっぱりファンはいます。そういったネガティブなメッセージだけを受け取って修正してしまうと、修正後に「なんで私の好きなカードを変えたんだ」となってしまいます。なので、そういったフィーリングは尊重しているんですが、そのフィーリングだけを理由に変化をさせると逆に思っている方から結局不満がでる。そういう意味で色んな方に納得していただくために、データというものを第一に考えてカードを変更しています。

人気カードだろうが、カードバランスが崩れている以上、ナーフすべきではないかと思いますけどね。

エルフ ぶっ壊れカード 第1位 次元の超越

次元の超越
コスト (ナーフ前)
18
(ナーフ後)
20
効果
このターンのあと、自分の追加ターンを行う。

スペルブースト コスト-1

このカードを使用すると、追加で自分のターンを行うことができます。

ウィッチカードの中で最もヘイトを集めたカードだと思います。

このカードを対策しようとも、シャドウバースにはトラップカードや相手の手札を捨てさせるカードがありません。
事実上対策が不可能なカードでした。

しかも、追加ターン中に煽る人が多いので、さらにこのカードにヘイトを集めたように感じます。

ナーフによってコストが18->20になりましたが、まだまだぶっ壊れているカードです。

まとめ

やっぱりウィッチのぶっ壊れカードの1位は次元の超越ですね。
このカードのせいでコントロール系は全て殺したと言っていいでしょう。

何かしらの対策があれば、良かったんですけどね。

ウィッチはスペルを得意とするクラスですが、意外とフォロワーが多く入ったランキングでした。

他のクラスのぶっ壊れカードランキングはこちら

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です