鋼鉄の反逆者 新カード一覧

【シャドバ】ぶっ壊れカードランキング【2018年度版 エルフ編】

シャドウバースのカードの中でぶっ壊れカードをランキングにして紹介しています。
ここでは、エルフのぶっ壊れカードのランキングです。

それでは、第5位からの発表しています。

エルフ ぶっ壊れカード 第5位 収穫祭

収穫祭
コスト (ナーフ前)
2
(ナーフ後)
4
効果
自分のターン終了時、このターン中にカードを3枚以上プレイしていたなら、カードを1枚引く。

シャドウバースで一番最初にナーフを受けたカードです。
ナーフ前はコストが2でプレイすることができました。

当時は、冥府エルフと言われる「冥府への道」を使ったエルフデッキが流行していました。
このカードはそのデッキのドローソースとして活躍しました。

コストが2で、場に出すことが容易であり一度場に出すことができれば、ほぼ毎ターン、カードを1枚引くことができました。

ドローをすることでデッキの安定感が増して冥府エルフの勝率を格段と上げていきました。

結果、運営に目をつけられてナーフとなりました。

エルフ ぶっ壊れカード 第4位 妖精の調べ

妖精の調べ
コスト

2

効果
フェアリー2枚を手札に加える。
このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、自分のフォロワーすべてを+1/+1する。

フェアリー2枚を手札に加える。という効果はさほど重要ではなく、このカードの強さはカードを2枚以上プレイしたときにあります。
2枚以上プレイすると、自分のフォロワーすべてを+1/+1することができます。

このカードと、茨の森でエルフの序盤を支えていました。

エルフ ぶっ壊れカード 第3位 茨の森

茨の森
コスト

2

効果
カウントダウン 2
ファンファーレ フェアリー2枚を手札に加える。
このアミュレットが場にある限り、自分のフォロワーすべてと新たに場に出た自分のフォロワーすべては「交戦時 交戦する相手のフォロワーに1ダメージ」を持つ。

相手のフォロワーが体力1なら、こちらのフォロワーがどんなものでも有利トレードが取れるヤバいカードです。
そしてなぜかナーフを逃れたアミュレットカード。

このカードによってエルフの盤面維持能力が向上しました。
攻撃時ではなく、交戦時に効果が発動するというものも強さの一つだったと思います。

また、対空射撃等によって再利用することもできました。

このカードがエルフの強さを支えていたこともあり、クラス茨と言われることもありました。

エルフ ぶっ壊れカード 第2位 導きの妖精姫・アリア

導きの妖精姫・アリア
コスト 4
攻撃力 3 体力 3
進化前の効果
ファンファーレ フェアリーウィスプ1枚を手札に加える。
エンハンス 9; その後、フェアリーを手札が上限枚数になるまで加える。(上限は9枚)

導きの妖精姫・アリア
コスト 4
攻撃力 5 体力 5
進化後の効果
進化時 フェアリーウィスプ1枚を手札に加える。

エンハンスより普通に使ったほうが強いカードです。
導きの妖精姫・アリアの強さは0コストであるフェアリーウィスプを手札に加えることができる点です。

フェアリーウィスプによってリノセウスを使ったOTKエルフの攻撃力が格段に上がることになりました。

エルフ ぶっ壊れカード 第1位 リノセウス

コスト 2
攻撃力 1 体力 1
進化前の効果
疾走

ファンファーレ ターン終了まで、「このターン中に(このカードを含めず)カードをプレイした枚数」と同じだけ+1/+0する。

リノセウス
コスト 2
攻撃力 3 体力 3
進化後の効果
疾走

ゴキブリともいわれたエルフのフィニッシャー。
カードをプレイする回数によって強化されていくフォロワーです。

リノセウスの攻撃力を計算することをリノ算とも言われていましたが、リノ算は結構楽しかったりもしました。

守護を置いていないと、突然現れて12点とかダメージを与えてくるぶっ壊れです。

まとめ

エルフぶっ壊れカードの第1位は、リノセウスということになりました。

リノセウスはシャドウバースの初期からいるフィニッシャーで、私の場合、エルフといえばリノセウスぐらい馴染み深いフォロワーでした。
実装当初からぶっ壊れとかいわれていましたが、結局1回もナーフされませんでしたね。

他のクラスのぶっ壊れカードランキングはこちら

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です