鋼鉄の反逆者 新カード一覧

【シャドバ】ぶっ壊れカードランキング【2018年度版 ドラゴン編】

シャドウバースのカードの中でぶっ壊れカードをランキングにして紹介しています。
ここでは、ドラゴンのぶっ壊れカードのランキングです。

ドラゴンのカードでぶっ壊れカードといえば、何を思い浮かべますか?

それでは、第5位から発表しています。

ドラゴン ぶっ壊れカード 第5位 水竜神の巫女

コスト 5
攻撃力 4 体力 5
進化前の効果
ファンファーレ このターンが自分の5ターン目以降(5ターン目を含む)なら、自分のPP最大値を+1する。
覚醒状態なら、自分のターン終了時、自分のリーダーを3回復。

水竜神の巫女
コスト 5
攻撃力 6 体力 7
進化後の効果
覚醒状態なら、自分のターン終了時、自分のリーダーを3回復。

だいたいのドラゴンデッキに搭載されていたレジェンドフォロワーです。
なんと場に出すだけで、中型フォロワー、PPブースト、回復を全て一人でこなすことができる万能カードです。

この謎回復が厄介で、このカードを処理できないと毎ターン回復されることになるので、アグロにとって脅威となりました。

このカードもあまりにぶっ壊れカードなので、ナーフされました。

ドラゴン ぶっ壊れカード 第4位 原初の龍使い

原初の龍使い
コスト (ナーフ前)
3
(ナーフ後)
4
攻撃力 1 体力 (ナーフ前)
5
(ナーフ後)
3
進化前の効果
覚醒 状態なら、このフォロワーは攻撃されない。
覚醒 状態なら、自分の場に元のコスト3以下の他のドラゴン・フォロワーが出るたび、ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージと相手のリーダーに1ダメージ。

原初の龍使い
コスト (ナーフ前)
3
(ナーフ後)
4
攻撃力 3 体力 (ナーフ前)
7
(ナーフ後)
5
進化後の効果
覚醒 状態なら、このフォロワーは攻撃されない。
覚醒 状態なら、自分の場に元のコスト3以下の他のドラゴン・フォロワーが出るたび、ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージと相手のリーダーに1ダメージ。

小型のフォロワーを出すたびに盤面を処理することができるぶっ壊れフォロワーです。
そのため、相手にとっては早く処理したいフォロワーでした。

ただし、ナーフ前においては、コストに対して体力の値(体力の値は進化前:5、進化後:7)が高すぎたため、簡単には処理できません。

しかも、覚醒状態では、原初の龍使いに自分のフォロワーが攻撃することさえできません。

しかも、原初の龍使いは、能力を発動させるときに「触れたいのですか?」と煽ってくることもあり、非常にムカつくフォロワーでした。

結局、このぶっ壊れ具合が運営により、認知され無事ナーフすることとなりました。

ドラゴン ぶっ壊れカード 第3位 風読みの少年ゼル

コスト (ナーフ前)
2
(ナーフ後)
4
攻撃力 (ナーフ前)
2
(ナーフ後)
3
体力 (ナーフ前)
2
(ナーフ後)
4
進化前の効果
なし

コスト (ナーフ前)
2
(ナーフ後)
4
攻撃力 (ナーフ前)
3
(ナーフ後)
5
体力 (ナーフ前)
4
(ナーフ後)
6
進化後の効果
進化時 覚醒状態なら、 自分の他のフォロワー1体は疾走を持つ。

このカードもナーフを受けたドラゴンカードの1つです。
ナーフ前のコストは2でした。

進化時の能力が非常に優秀で、「覚醒状態なら、自分の他のフォロワー1体は疾走を持つ。」ことができました。
この能力を使ってウロボロスに疾走を付与させたり、サハクィエルから場に出したバハムートを疾走させることもできました。

はい、疾走。13点バーン!とか簡単にできました。

ドラゴンクラスなので、PPブーストを得意としており、ゲームの中盤ぐらいから、このような疾走ゲーに持ち込まれることもあり、相手としては対応する術がありませんでした。

結果、風読みの少年ゼルはナーフされ、コストが2->4になり、攻撃力と体力も変更となりました。

ドラゴン ぶっ壊れカード 第2位 ウロボロス

ウロボロス
コスト 8
攻撃力 8 体力 4
進化前の効果
(ナーフ前)
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
ラストワード 自分のリーダーを3回復。ウロボロス1枚を手札に加える。

(ナーフ後)
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
ラストワード ウロボロス1枚を手札に加える。

ウロボロス
コスト 8
攻撃力 10 体力 6
進化後の効果
(ナーフ前)
ラストワード 自分のリーダーを3回復。ウロボロス1枚を手札に加える。

(ナーフ後)
ラストワード ウロボロス1枚を手札に加える。

ウロボロスは、無限大のモデルにもなったとされるように無限にでてくるアタッカーでした。

ナーフ前は、ファンファーレで3点、ラストワードで3回復し、さらに手札にウロボロスを1枚加えることができました。
この3回復するというのが、このカードの強さでした。

ウロボロスは攻撃力が高いために、相手は処理を強制され、処理したところで3点回復されるということがおきていました。
ウロボロスは、ラストワードでウロボロスを生み出すので、これの無限ループです。

ウロボロスデッキのミラー戦なんて悲惨で、相手も自分も無限にウロボロスを出し続けるなんてこともありました。

この1枚のカードで、攻撃、守備の両方が可能でした。
正直このカードはかなり嫌いだったので、第2位とさせていただきました。

ドラゴン ぶっ壊れカード 第1位 ライトニングブラスト

コスト 6
効果
相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを消滅させる。

(ナーフによってエンハンス能力削除)
エンハンス 10; 相手のフォロワーすべてと、アミュレットすべてを消滅させる。

エンハンス10で、相手のフォロワーとアミュレットをすべてを消滅させることができる、ぶっ壊れカード。

最初、誰かが作ったオリジナルカードなのでは?と疑われましたが、実際に実装されたカードになります。
コスト10払ったからといって、相手のフォロワーとアミュレットをすべて消滅はやりすぎなんだよなぁ。

運営もやりすぎたことに気づいたのか、ナーフされ、エンハンス能力を失うことになりました。

まとめ

ドラゴンのクラスというだけあってか、ぶっ壊れカードに大味なカードが多いですね。

第1位はライトニングブラストにしましたが、一番嫌いなカードはウロボロスでした。
謎回復をどうにかしてくれと思っていましたね。

他のクラスのぶっ壊れカードランキングはこちら

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です